エッセイ @散文詩の詩集2が捗ってなくて

@散文詩の詩集2が捗ってなくて
はかどっていないというのもおかしな話だな。意識を集中させてないといったほうが正しいのか? 微妙な心境の中で今日も筆を滑らせている。毎年、夏至を通過するころには梅雨明けしているのだけれども、今年はなんだか遅れているみたいで、七月の頭ころに梅雨明けした。毎年思うことだけれども、エアコンのない真夏というものは大嫌いで、それなら早くエアコンを取り付ければいいじゃないか! などと罵声を浴びれば何とも言えないのだが、返す言葉も見つからないというやつなのだが、わかりましたよ。とっとと付ければよいのだろう? つけますとも! つけますともさ!

けれども夏というやつは寝起きがだるくなくて、”嗚呼! たくさん寝たなぁ!”という気分に毎度なる。やはり快晴というやつは気圧の関係で身体に好影響なのだろう。そんなことは子供のころ考えなかったけれども、人から教えてもらって気が付いたときが最後で、その瞬間から幾らでも気になるものだ。まあ、女性からしてみれば、小学生のころから意識していることだとは思うけれども。もしかして男性も小学生から意識しているものなのかな? 私がバカなだけなのか? 苦笑 私は大人になってから気にするようになったんだけれどもなぁ。苦笑

滝川寛之の著書一覧
滝川寛之の著書(アマゾン公式)
公式ヒロキリスト一覧

富士通 デスクトップパソコン FMV ESPRIMO FHシリーズ
富士通 ノートパソコン FMV LIFEBOOK AHシリーズ