散文詩 「破壊の主張」


「破壊の主張」
すたれたがれきは歴史の象徴のようでもあり破壊の主張。
こうして僕は一人たたずんでいるけれど、
それでも生きていることに実感はわかない。
荒れた大地が何かを教えてくれそうな気がして、
その風の音導を見つめてみた。
明日は陽炎とともに闇を明るくする。
そしてこだまぶくみにこう発したんだ。
まだ生きることはできるのかい? と。
それに対する答えなど誰が分かると言うのだろうか。
嗚呼、時間はこうして流れている。
僕は君に逢いたい。

☆情報の転載転売禁止!
情報が第三者の目に触れることは法律違反になります。
シェアボタンや機関等における一部掲載なら構いません。
有料記事分は完全に一部掲載も認めません。
(第三者拡散一人一記事当たり1,000万円の損害賠償金)

滝川寛之の著書一覧
滝川寛之の著書(アマゾン公式)

献金はこちらより(入会から一か月おきに1,500円です)

富士通 デスクトップパソコン FMV ESPRIMO FHシリーズ
富士通 ノートパソコン FMV LIFEBOOK AHシリーズ