散文詩 「明日があるから」

「明日があるから」

空は薄霧状に青かった。
小鳥の囀りがどこか遠くて、
そして工作音が代わりに響いている。
そうして辺りに耳を傾けていると、
身近に時計の針がカチカチいうのが聞こえた。
さて、そろそろ執筆を始めよう。
なんのため?
それはね、明日があるからだよ。

滝川寛之の著書一覧
滝川寛之の著書(アマゾン公式)
公式ヒロキリスト一覧

富士通 デスクトップパソコン FMV ESPRIMO FHシリーズ
富士通 ノートパソコン FMV LIFEBOOK AHシリーズ

日記 @暑すぎてやってられんよ、もう!

@暑すぎてやってられんよ、もう!

某日
 大暑へむけて、よりいっそう暑さが厳しくなっているけれども、本当に勘弁してほしいものである。昨日は外出先で半日中エアコンに当たり天国そのものだったのだが、今日になって現実へ叩きつけられた感が否めない。もうだめだ、早いところエアコンを取り付けようではないか。

某日
 アメリカの救急車が道に迷っているみたいで、右に左にサイレン音が聞こえる。カーナビが使えないのかなぁ? とか思ったりなんかして。日本語表記だから。アメリカ語での日本カーナビはないでしょ? やっぱりさ。

滝川寛之の著書一覧
滝川寛之の著書(アマゾン公式)
公式ヒロキリスト一覧

富士通 デスクトップパソコン FMV ESPRIMO FHシリーズ
富士通 ノートパソコン FMV LIFEBOOK AHシリーズ