日記帳 @一期作品はアマチュア中のアマチュア作品ですよ

@一期作品はアマチュア中のアマチュア作品ですよ

やはり覚醒したのが二期作品よりですので、できれば二期作品も読んでほしいんですけれども。苦笑 一期作品で私を計られると困ります。二期作品からは凄いので。勿論、推敲も執筆も私一人でやっています。痴人、オーミチャー、遠距離恋愛と電波少年からはもう本当にすごいですから。脳みそ破壊されると思いますよ。芸術作品です。それからそれから今現在執筆中の三作品もさらにさらにすごいですからね。お楽しみにしておいてください。もうあなたは私にとりことなって気が付けばヒロキリストになっていますよ。

世界に1つだけのプレゼントなら!商品数3万点の「ギフトモール」

コスメ、香水、ヘアケア、アロマの激安販売!ベルモ

無料小説 アマチュア時代作品 @川辺にて(24)最終話

「それじゃ、行ってくるわね。テイク」

幾つものロープを一生懸命に解いているテイクへ申し訳なさそうに舞は言った。

「いってらっしゃい。姫様」

がっちりとキリキリに縛られたロープを外す作業はかなりの力仕事になるが、余裕の素振りを見せつけてテイクは返した。

「隆史、行くわよ。ほら、手を繋いで」 “無料小説 アマチュア時代作品 @川辺にて(24)最終話” の続きを読む