無料小説 アマチュア時代作品 @川辺にて(18)

「もう、隆史のせいで昼食の時間が遅れそうよ。もっと急いで切って!

「はい、はい。分かりましたよ。まったくさ、料理なんか作ったこと無いのに、いきなり包丁なんか使えるわけ無いじゃないかよ。舞は少し厳しすぎるよ」

「文句言わないの。ぶつ切りなんだから簡単でしょ? 誰にでも出来るわ」 “無料小説 アマチュア時代作品 @川辺にて(18)” の続きを読む