日記帳 @ずっと続いている微動の地震活動

@ずっと続いている微動の地震活動

去年、私が危惧した頃から0.3~4の地震性微動活動を二時間に一回のペースで感じているのだけれども、これは私が鉄筋の弱いオンボロ二階に住んでいるから気づくことなんだよね。実はいうと嘉手納基地にもユ―フォーの着地基地(要するにキャンプ地だな。)があるのだけれども、いや、実際に目撃しているのだから本当のはなしであって真実である。私の家族全員で目撃したのだよ。嘉手納基地に消えてゆく流れ星のような超高速のユ―フォーを。横に流れて行ったから流れ星ではないし飛行機なんかよりも何百倍速かったからね。深夜だよ深夜。太平洋側から嘉手納基地へ消えて行ったのだよ。十年前のはなしだけれども。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

無料小説 アマチュア時代作品 @川辺にて(16)

旅に出てから二回目の朝を迎えた。これで旅は三日目となる。この日の朝は、こんがり焼いた食パンにバターを塗って、濃厚な味のするチェダーチーズと、卵焼き、薄切りのトマトスライス、少し厚めに切り落としたハムにレタス、仕上げにホワイトマヨネーズと通常のマヨネーズを混ぜた物をたっぷりつけて挟んだ舞特製のサンドイッチとコーンクリームスープだった。それはそれはとても美味で、隆史はそれらをいっきに平らげた。 “無料小説 アマチュア時代作品 @川辺にて(16)” の続きを読む