日記帳 @群像契約は没になったそうです。

@群像契約は没になったそうです。

仕方のないこともあるよね。やはり表舞台に立つことが許されない男なのだな。つくづく私の宿命みたいなものを感じる。さあて、アマゾンキンドルへアップしてとっとと裏社会へ戻りましょうかね。予想家を本格的に再開させよう。哲学者はどうしようかなぁ? 悩む。私だけの命ではないものだから。私自身は死ぬことに関して何ら恐怖がないのだが。

世界に1つだけのプレゼントなら!商品数3万点の「ギフトモール」

コスメ、香水、ヘアケア、アロマの激安販売!ベルモ

日記帳 @ぼちぼち文壇デビューしないとまずいかもしれない。

@ぼちぼち文壇デビューしないとまずいかもしれない。

少し腰を痛めたかな? 若いころから腰痛持ちなのでね、この季節はしょっちゅうぎっくり腰になるのですよ。本当に冬は嫌だなぁ。真夏も大嫌いだけれども。今年こそはエアコンを用意しないとな。本当に金欠なんです。ぼちぼち文壇デビューしないとまずいかもしれない。果たして九死に一生を得ることができるか? 瀬戸際だと思います。

世界に1つだけのプレゼントなら!商品数3万点の「ギフトモール」

コスメ、香水、ヘアケア、アロマの激安販売!ベルモ

無料小説 アマチュア時代作品 @川辺にて(5)

 素晴らしく綺麗な船は虹色に沿って南へと向かった。目的の方角はコンパスとテルの能力によって随時決められた。不思議な事に高速で進む船だが、それによる向かい風というものが一切なかった。無風で宙に浮いているかの如く、瞬く間に遙か遠い南へと進んでいくのだった。 “無料小説 アマチュア時代作品 @川辺にて(5)” の続きを読む