日記帳 @講談社の担当から連絡はまだ来ていないけれども。

@講談社の担当から連絡はまだ来ていないけれども。

まあ、そう言う事です。本契約の話ね、若しかしたら万歳なしよの大どんでん返しで無くなったのかもしれないし。果たしてどうなっているのやら。本当に私が訊きたいくらいだよ。 “日記帳 @講談社の担当から連絡はまだ来ていないけれども。” の続きを読む

無料小説 アマチュア時代作品 @川辺にて(2)

 それは正に別世界だった。

まるで小人になったように、辺りにある畑らしき場所には大きなトウモロコシやカボチャなどがどっしりと存在を見せつけている。空には虹色の線が幾つも交差しており、これはまた美しく見えた。妖精らの住む建物はそれぞれ個性的だが、しかし屋根は緑、壁は白色統一されていた。それはとても素晴らしい光景だった。外気温はおそらく二十六度あたりだろうか? とにかくこの世界だけは今日の暑い気温とはまったく異なっており快適その物だった。 “無料小説 アマチュア時代作品 @川辺にて(2)” の続きを読む