日記帳 @一期作品群の販売をやめようと考えている。

@一期作品群の販売をやめようと考えている。

私がアマチュア時代の作品と定めている一期作品について、アマゾンキンドルでの販売をやめようと思う。それらはすべてこのブログで無料公開して行く予定だ。二期作品からは販売へ回させてくださいね。無料公開は無いです。

世界に1つだけのプレゼントなら!商品数3万点の「ギフトモール」

コスメ、香水、ヘアケア、アロマの激安販売!ベルモ

無料小説 処女作品@「愛するということ」第八章 =46=

正樹は今、夢とも現実ともいえない世界の中に居た。それはとても暗く寒い空間。正樹は其処で、自分のこれまでの人生を見た。只、漂うような感覚が今、皮膚の表面全体から感じる。正樹は暗闇に限りなく近いこの空間に一つだけ灯された光の中を、今、静かに覗いていた。光は、彼自身の記録を全て配列し映し出した物体。それはまるで、螺旋を描くDNAの様に、一つ一つの記憶が下から上へ繋がり捩れて伸びていた。光によく目を凝らすと、その中には、これまでの自分の記憶には無い記録が潜んでいる事に正樹はふと気が付いた。が、しかし、それでも今の正樹は、無表情に只それを含めて眺めているだけだった。途中、魂であろう正樹自身の一部が小さく千切れ、そして、一つの光景の中へと消えた。直後、入り込んだ場所となる光景が、全体を描いて脳裏へと鮮明に浮かび上がった。正樹は瞳を閉じてその光景だけに集中した。 “無料小説 処女作品@「愛するということ」第八章 =46=” の続きを読む