書評 @小路幸也さんの「テレビ探偵」は”ポップンロールステーション”

=小説家で詩人の滝川寛之による書評シリーズ=

書評 @小路幸也さんの「テレビ探偵」は”ポップンロールステーション”

 ”やられたっ!” これが私の第一声としてあった。そして、ちょうどあの頃のことを思い出す。そう、若かった少年時代のあのころのことを。昭和の名番組を、気持ちよく思い出すのだ。

「八時だよっ! 全員集合――!」

 いかりや長介がはっぱをかけたようにして舞台中央でそう号令をかけたとたんに流れるオープニング曲は、私たち少年探偵団をたまらなく笑顔にしてくれた。じゃんじゃんじゃんじゃんじゃじゃじゃーん♪ じゃっじゃかじゃじゃじゃじゃじゃん♪ それから最後に呟くのである。

「”次行ってみようっ――!”」

 この小説は五つの大カテゴリ(大プロット)で構成されており、それから十二人の主要キャラクターがおりなしてゆく一人称の群像劇(もしくは仮想的な回想録)である。文脈は、たとえて言うならば、FM沖縄の看板番組だった”ポップンロールステイション”といえばよいのか、そう話すると余計に分からなくなる可能性も否めないので「王道のエンターティメント小説」というとズバリである。私はこの小説を読んで、著者の文壇デビュー作も読んでみたくなった。それはつまりいうところの、本物の作家だと私が認めた証拠でもある。

 実はいうと、私は花村萬月さんつながりで小路幸也さんのツイッターを訪問したことがあって、アドレスは”https://twitter.com/shojiyukiyaなのだけれども、そこのコメントで失礼なことを発言したことがある。「私のところの土産物と北海道の土産物を物々交換しませんか?」たしかそのようなやりとりだったとおもう。やり取りというよりも相手にされなかったのだけれども。苦笑 それで、彼のブログ記事なんかも読んだことがあって、日記の書き方なんかについて勉強したことがある。小路幸也さんの文体は流暢で他人が真似できない個性的なセンスがあるものだから、本当に読みやすくてグッドなのだよね。それがこの小説にも色濃く表れていた。

 ”やられたっ!” というのは、私もこの類の小説を書く予定で居たので、それについて先を越されてしまったなと。消沈まではしていないものの、プロットの練り直しを図られそうではあるわけだ。

 余談になるかもしれないが、今回受け取った小路幸也さんの著書「テレビ探偵」との出会いに感謝したいとおもう。今年の年末25日頃に本屋へ並ぶということで、改めて校了後の作品を購入し読ませていただく思う。それ位に良作だった。エンターティメントは何ぞや?! それを原稿へ力強く叩きこんだような力作であった。

 小説とはいいものだね。世界を見るだけではなくて、色々なものを引き寄せてくれる物だから面白い。小説にもいろいろな表情がある。骨格がある。世界がある。貴方も私の書評をきっかけに読書をしてみませんか? きっとではなくて、ぜったいに楽しいはずだよ。まずは、小路幸也さんの「テレビ探偵」から始めてみようよ。ぜひに。

世界に1つだけのプレゼントなら!商品数3万点の「ギフトモール」

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

コスメ、香水、ヘアケア、アロマの激安販売!ベルモ

日記帳 @とある出版社業界関係社から書評のオファーがきた。

@とある出版社業界関係社から書評のオファーがきた。

まずはプロフェッショナル読者として書評をしてみないか? というダイレクトメールを頂いて、一応、わたしにも自身の業務の事もあるし、中々多忙なのだけれども、熟考した結果、引き受けることにした。まずは小路幸也さんのゲラから拝見しようと思う。この企画は販売前の作品を書評すると言うもので、中々楽しみなところなのだが、ネタバレしないよう気をつけつつ、許される限り面白さを伝えられたらよいかなと思っている。

世界に1つだけのプレゼントなら!商品数3万点の「ギフトモール」

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

コスメ、香水、ヘアケア、アロマの激安販売!ベルモ

散文詩 @「ぽこぴこぺっぺん」

「ぽこぴこぺっぺん」

ぽこぴこぺっぺん

ぽこぴこぺっぺん

なぜにきみはそんなにすきなのだい?

それはね、どうしてもこうしても、

このゲームが面白くてね。

なかなかそれでいてたのしくてね。

ぽこぴこぺっぺん

ぽこぴこぺっぺん

世界に1つだけのプレゼントなら!商品数3万点の「ギフトモール」

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

コスメ、香水、ヘアケア、アロマの激安販売!ベルモ

無料小説 処女作品@「愛するということ」第二章 =18=

倫子と美代子は時空の狭間に居た。

美代子は志津絵と一体化した時から意識を失ったままの状態だ。

志津絵の元へと帰った夫は、実は倫子であった。志津絵を成仏させるべく倫子の魂がそうした。「彼女の夫は生きている」倫子はそう感じていた。しかし、探し出すまでの時間的余裕が無かった。「仕方が無かった」と言えばそこまでかも知れない。だが、この選択が後に致命的な過ちとなり、自身のみならず娘二人にまで襲い掛かる悲劇を与える事になると言うことに、この時彼女は気付いては居なかった。倫子は急いでいた。美代子の魂が目を覚ます前に自身の元へと送り返さなければ命は無いに等しい。万が一途中で彼女が目を覚ませば、倫子の行動全てが明るみとなり、その時点でこの魂は非常に恐ろしい悪霊と化す。

二人は元の世界へと戻った。

まず、倫子が先に姿を現しながら息を吹き返した。徹が目の前で唖然としている。次の瞬間、美代子の姿が見え始めた。魂が元へと戻ればその時点で物体と魂の一体化は完了する。完了しなかった。徹の隣には誰かの存在が見えた。彼の父親である。倫子は瞬時に殺気の様な物を肌で感じた。――そんな、まさか! 倫子は神のお告げのような自身の能力にて察した事実に驚愕した。しかし、もう既に時は遅かった。この世界へと完全体となるであろう美代子の全身から小さな稲妻のような物が幾つも放出し徹へと一気に襲い掛かった。

「徹さん! 嗚呼――」

 稲妻へと化し襲い掛かる魂から美代子の声が遠く聞こえた。

 全ては一瞬に近い出来事だった。

「どうしてこんな事に……」

 なすすべなく唖然とした倫子が立ちすくんだまま言った。今、恐ろしい光を強制的にうけた目の前に居る彼は明らかに別人だ。決して山田徹ではない。彼の背後から睨みつける女性と共に、徹は倫子を恨むようにして殺意ある顔を向けている。しかし幸いにも、意識的にはまだ行動を起こせる状態にはないようだ。彼は瞬きをすることなく硬直している。倫子は顔をそらし隣に座る男へと目を合わせた。

「慶三さん、ですね?

「はい、そうです。あの、これは一体……

「貴方の息子と恋人に一昨日少し問題が起きまして……それよりも貴方の魂が何故ここに? しかもこれは分裂して完全ではない……もう一つがどこかへ消えている」

「どういう事でしょう?

「理由はともかく、こちらへ訪れた貴方の魂は今、二つに分かれています」

「魂? この自分がですか?

「ええ、そうです。そして貴方を見る限り、この魂は古い過去から招かれています。――昭和三十二……。そうですね?

倫子の問に対して慶三は唖然とし、一瞬返す言葉を失った。

「通常、貴方が体験したこの現象は、近く最期を迎えるごく一部の限られた生き物にのみ神より与えられる物で、その特権のような現象によって人は何かを悟り行動するか、もしくはそのまま結末を見届ける。貴方は何かをやり残し後悔をしている。恐らくもう一つの魂はもう一方の世界へと辿り着いているはずです。この世界には二つの道があるんですよ」

 倫子は慶三に、自身の定説と心霊現象、そして今回の事件について詳しく話した。

「先生先ほどの『最期』という事に関してなんですが……自分はこの年に倒れるという事でしょうか?

 慶三は『死』という言葉を意識しない様、違う表現で倫子に質問した。

「残念ながら、光が目の前に存在した日に貴方は亡くなります」

 倫子がそう発した時、慶三は天を仰ぎ、そしてため息と共に深く俯いた。

「自分は、馬鹿な男です。どちらの世界共にまっとう出来ず、迷惑をかけてしまうんですね本当に情け無い」慶三は、悔しさを込上げる様にして言った。

「いいえ、慶三さんそれは違います。だって貴方は、まだもう一つの世界を見ていないそしてまた、もう一方の世界にて行動するには魂の一体化は必須です。とにかくこの場は私に任せて貴方はもう一つの世界今すぐ行くべきです」

「しかし、どうやって……」

 その時、倫子が慶三の後ろにある何かを確認したように見つめているのが分かった。慶三は振り返った。そこには、光で出来たスクリーンの様な物が何時の間にか存在していた。

「どうか貴方の想いが最期に報われる事を願います」

倫子は優しく微笑みながらそう言った。

世界に1つだけのプレゼントなら!商品数3万点の「ギフトモール」

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

コスメ、香水、ヘアケア、アロマの激安販売!ベルモ