散文詩 @「新しい必然」

「新しい必然」

金色の太陽が丘から登った。

只、ゆらゆらと遠近感を利かした大きな光は、

その先々で生命の目覚めを見ている。

朝が来た。

それに矛盾した答えなど一つもなかった。

眩しい陽光と対面したようにある海原は、

上空の千切れ雲とともに、

夜風を払しょくしていた。

世界に1つだけのプレゼントなら!商品数3万点の「ギフトモール」

コスメ、香水、ヘアケア、アロマの激安販売!ベルモ

散文詩 @「おもひで」

「おもひで」

真夏だと言うのに、

爽やかな冷たい風が舞い込んできた。

僕はそれを深夜に感じることができた。

外は酷く鉄砲雨が降っている。

下の階から尻を突き出した軒先が、

ぱらぱらと強さを増してトタン屋根をたたいた。

音の見える光景色に耳を傾けると、

その色彩からいろいろなおもひでがよみがえる。

ふと、八ミリカメラのフィルムが止まった。

何故だろう?微動だにしない。

そのモノクロには、

確かに、君の姿が僕とともにあった。

世界に1つだけのプレゼントなら!商品数3万点の「ギフトモール」

コスメ、香水、ヘアケア、アロマの激安販売!ベルモ

散文詩 @「そういうことだから」

「そういうことだから」

悲しいことがあると、

声かけるひとがいれば、

その人は幸せ者だね。

それとおなじで、

光を灯してくれるひとがいると、

その人は救われの身だ。

だから声を出して泣きなさい。

何故に人は自然と泣き叫ぶのか。

そういうことだからだよ。

世界に1つだけのプレゼントなら!商品数3万点の「ギフトモール」

コスメ、香水、ヘアケア、アロマの激安販売!ベルモ

散文詩 @「日陰の向こうは十字架集合墓地」

「日陰の向こうは十字架集合墓地」

日陰の向こうは十字架集合墓地だった。

この夏が終わる頃にはもう一つ完成するという。

何気に通り過ぎ様に大理石の材料をみやる。

これが外壁と土間に施工されるのだね?

海へ着いた。

なだらかな光景だ。

ここは気持ち良い。

緑を撮る。

道端の雑草だ。

目を凝らすとカタツムリが居る。

蝉が鳴いた。

平和だな。

世界に1つだけのプレゼントなら!商品数3万点の「ギフトモール」

コスメ、香水、ヘアケア、アロマの激安販売!ベルモ

散文詩 @「わだかまりが嘘のよう」

「わだかまりが嘘のよう

わだかまりが嘘のように晴れた今朝は、

なんだか、君との新しい朝を思い出す。

激しくもみだらに、

濃厚に絡みついた裸体から噴き出す汗をそのままにして、

絶頂を迎えた丑三つ時。

そう、確かにあの時も、

手足は震えたものだった。

快晴とは無縁のように思われた人生だった。

だからこそ、空の青さに感動を覚えたね。

霜に濡れた雨音が、

トタン屋根の表面を毎日たたいていた。

それでも、

生きている限り、

自然と前へ進む。

たくましく生きた半生。

残りの半分は楽しませてもらうよ。

世界に1つだけのプレゼントなら!商品数3万点の「ギフトモール」

コスメ、香水、ヘアケア、アロマの激安販売!ベルモ

散文詩 @「森林の写真」

「森林の写真」

いま、森林の写真を観ているけれど、

いいね、これ。

澄んでいてひんやりとした霜が降り注いだみたいでいい。

このような清々しい気持ちになるなんて、

この被写体には不思議な力を感じずにはいられないな。

緑はいいよね。そして空も。海も素敵だ。

あしたは、一体、どんな空模様だろうか?

ワクワクしないかい?

また一つ年を重ねて角が落ちる。

そこから見る世界は本当に優しい。

世界に1つだけのプレゼントなら!商品数3万点の「ギフトモール」

コスメ、香水、ヘアケア、アロマの激安販売!ベルモ

散文詩 @「言葉」

「言葉」

言葉にならない想いとは?

それは果たしてなんだろう。

朝はこうして訪れを迎え、

そして、おはようございます。

が交わされる。

何気ないひと時。

でも、今は今しかないから、

やはり大切だよね。

あなたの言葉は何ですか?

世界に1つだけのプレゼントなら!商品数3万点の「ギフトモール」

コスメ、香水、ヘアケア、アロマの激安販売!ベルモ