占い相談 不倫相手に週一で会いたいと言われました

占い相談、占い悩み、占い鑑定
占い相談、占い悩み、占い鑑定

不倫相手に週一で会いたいと言われました

なかなか難しい問題ですね

まあこれについては

占いというよりも

カウンセリングになるのですが

無理しない程度にしたほうが良いですよ

不倫ですから

見つかれば大変なんです

慰謝料の問題が出てくる

ですから

本当に注意してくださいね

それから占いとして

相手の気持ちや

二人の今後を

視てみますからね

大丈夫ですよ

占い鑑定 週間占い 占い記事

限定日記 著書一覧 詩情と俳句

自己啓発 おみやげ 本格出会い

ゼクシィ縁結びエージェント

おみやげ 宮崎県のトロピカルフルーツドリンクが美味しすぎて

おみやげ、特産品、産地の品、県産品
おみやげ、特産品、産地の品、県産品

宮崎県のトロピカルフルーツドリンクが美味しすぎて失神必至

失神まではいかなくとも

驚愕ですよ

フルーツの産地で有名

宮崎県のジュース

ですから

本当に美味しいんです

天然ものですよ

たまりません

それが

セットで

お得に手に入る

良かった

嬉しいですよね

[宮崎県農協果汁] 宮崎発 バラエティ ドリンク ギフト
[宮崎県農協果汁] 宮崎発 バラエティ ドリンク ギフト
宮崎県農協果汁



占い鑑定 週間占い 占い記事

限定日記 著書一覧 詩情と俳句

自己啓発 おみやげ 本格出会い

ゼクシィ縁結びエージェント

自己啓発 ブレずにきちんとする

自己啓発、激励、助言
自己啓発、激励、助言

ブレずにきちんとする

最初は難しい

でも

徐々に

先が見えてくるから

信じて

ブレずに

きちんとしてゆく

それを継続させていって

そのさきで

良い事が起こるから

大丈夫だからね

必ず報われる

王道だから

でも

失敗した場合

次に活かせて行けるといいよね

無駄にはならないから

頑張ってこうね

占い鑑定 週間占い 占い記事

限定日記 著書一覧 詩情と俳句

自己啓発 おみやげ 本格出会い

ゼクシィ縁結びエージェント

連載小説 愛するということ 59

連載小説、無料小説、名作集
連載小説、無料小説、名作集

「いや、怪しい者じゃないよ。見ての通り僕はカメラマンでね。今、航空会社の雑誌で使う写真を色々撮っている所なんだよ」

「へえ、そうなんだ」

この島には海を撮影しにこうした人達が良く訪れる。聡子は特に珍しい素振りを見せる事無く男に言った。

「今度、この島がおじさんの写真で紹介されるんだ。良ければ君達も一緒にね」

男は片目をまばたいて合図をおくった。

「え? あたし達も紹介されるの? 嘘!」

聡子は少し大げさに驚いて見せた。

「本当だよ。撮らせてくれたらの話だけどね。写真、撮っても良い?」

「え? あ、はい。もう、どうしよう。あの、可愛く撮ってくださいね」

聡子は一人、感情を高ぶらせて陽気に張り切っている。恵はそれを側で見ていて、とにかくおかしくて口を両手で塞いだ。

「それじゃ、そのまま座ってさっきみたいに会話してて。そう、そのままそのまま」

男は次々と二人に向かって何度もシャッターを押した。二人は男に言われたとおり、自然に会話を交わしたり、海を眺めたり、カメラの方を向いたりしていた。何枚も写真を撮り終えたとき。男がカメラのファインダーから目を離し、突然に恵へ名前を訊いてきた。

「君、名前はなんていうの?」

「え? 私ですか?」

「そう、君」

「上村、上村恵です」

「上村恵か。いい名前だね。それじゃあ恵ちゃん、笑って」

写真家の男は、今度は恵一人を集中的に撮り続けた。側から離され完全にほったらかしにされた聡子が、羨ましくそして嫉妬深げにこちらを見ている。恵はたまらず「もう良いですか?」と写真家の男に言った。

「二人ともありがとね。そうだ、恵ちゃんの住所教えて。写真が出来たら送るよ。あと、君達を撮った写真の内、何枚かを雑誌で使っても良いかな?」

男はあえて聡子に訊いた。

「はい、良いです! 喜んで」

聡子は先ほどとは打って変わって相変わらずの笑顔に戻った。

あれから一ヶ月ほどして、撮られた写真が家に送られてきた。プロのカメラマンが撮影した物らしく、どれも綺麗に良く撮れていた。最後の一枚に、恵が一人砂浜に立って撮られた写真があった。その写真は、上半身が写った恵が左側の下に立ち、残る右側から後ろにかけては砂浜と海、更に上には青い空といった構成。写真の技術についてまったく知らない恵は思った。何故こんな撮り方をしたのだろう? しかし、後々になって恵はその理由が分かった。

写真が届いてから二ヶ月ほどして。残暑が肌にベトベト感を与えた日曜の昼、家に二人の訪問者が現れた。

「恵ちゃん、恵ちゃん」

玄関から歩いてくる呼び声が恵の部屋まで届いた。

「なあに、恵美おばさん」

恵が顔を出した。恵美は部屋の直其処まで来ていた。

「恵ちゃんに会いたいって言う人達が来てるんだけど」

「え? 誰だろう」

恵は見当が付かなかった。

「なんか東京から来た人達みたいよ。とりあえず会ってみてごらん」

相変わらずの島訛りで恵美は言った。

「うん、分かった。今行くね」

恵はそう言うと、少しだけ手鏡で顔を確認してから部屋を出た。玄関口にはスーツ姿の男二人が立っていた。共に黒いかばんを引っ下げている。内一人が恵を見るなり思わずといったような態度で言葉を発した。

「おお! 思ったとおり、写真以上に可愛い。とても魅力的で素敵な顔をしている」

「いや、本当ですね」

頭の低そうな隣の男が相槌を打った。男達はまじまじと恵をみつめている。なんだか恵は急に恥ずかしくなった。

「あ、あの……」

「あ、いや失礼。どうもこんにちは」

二人の内、品格のありそうな男が言った。それに合わせ、隣の部下らしき男もこんにちはと挨拶をしてきた。

「こんにちは……」

恵はたじたじとしながらも返した。二人の内、上司らしき男が早速と言わんばかりに訊いて来た。

「貴女が上村恵さんですね?」

恵は急に自分の名前を言われて一瞬びっくりしたが、紳士風な男の雰囲気に押される様に「はい、そうですけど……」と硬くなりながらもとりあえず答えた。

「良かった。あの僕達はね、東京にあるミツキプロダクションって言う会社の者なんだけど、あのちょっと良いかな? 見て欲しいのがあるんだけど」

男はそう言うと、かばんの中からある雑誌を取り出した。

「突然だけど、これ、君だよね?」

「これは!」

恵は雑誌の表紙を見て驚きの顔をした。男が見せた雑誌の表紙には、なんと恵が一人立ったあの写真が使われていた。男は中に載せられている写真も見せた。恵の横顔や微笑んだ顔写真が其処にはあった。

「はい、私です。あの、これが何か……」

「うん。僕達の会社はね、芸能――あ、どうも玄関で御邪魔してしまってすみません」

「いえいえ。あの汚い家ですけど、良かったらどうぞ上がって下さい」

割り込むつもりはなかった恵美がそう言った。

「ありがとうございます。それじゃあ、遠慮なく上がらせていただきます」

男二人は「失礼します」と言ってから家に上がった。四人が一斉に茶の間へと移った。一番後ろを歩いたのは恵。

占い鑑定 週間占い 占い記事

限定日記 著書一覧 詩情と俳句

自己啓発 おみやげ 本格出会い

ゼクシィ縁結びエージェント