占い相談 好きな人が何を考えているのか意味不明です

占い相談、占い悩み、占い鑑定
占い相談、占い悩み、占い鑑定

好きな人が何を考えているのか意味不明です

よくある悩み質問です

好きな人が理解不能なほどに

何を考えているのか分からない

そういった場面が

何度もあると思うんです

たとえば

夜の営みなんかの時に

多かったりします

あと

デートの時でしょうか

多いですよね

手探りをして

答えを探すしかないのですが

私という占い師を

その他のカウンセラーの方を

頼りにしてくれれば

簡単に

見えてくるものでもありますので

まずは

気楽に相談してみてくださいね

気持ちがだいぶ晴れるはずです

占い鑑定 週間占い 占い記事

限定日記 著書一覧 詩情と俳句

自己啓発 おみやげ 本格出会い

ゼクシィ縁結びエージェント

おみやげ 熊本県産の車エビを天丼で食する

おみやげ、特産品、産地の品、県産品
おみやげ、特産品、産地の品、県産品

熊本県産の車エビを天丼で食する贅沢

もうたまりませんよ

活〆したものですから

身が

ぷりんぷりんの

ぷりんぷりんで

急速冷凍なものだから

とりたて同然です

それを

贅沢にも

天丼ですよ

最高です

ほっぺたが三回は落ちる

たまりません

それからそれから

エビフライにも

よく合いますよね

タルタルソースとの

相性は

ぴったんこかんかん

です

活き〆急速冷凍車えび 500g(大サイズのみ)【熊本県産】
活き〆急速冷凍車えび 500g(大サイズのみ)【熊本県産】
吉本水産


占い鑑定 週間占い 占い記事

限定日記 著書一覧 詩情と俳句

自己啓発 おみやげ 本格出会い

ゼクシィ縁結びエージェント

自己啓発 明日のことは今日で考えておく

自己啓発、激励、助言
自己啓発、激励、助言

明日のことは今日で考えておく

明日のことは

明日考える

それもいいかもしれませんが

やはり

一番は

明日のことは

今日考えておいたほうが良い

計画を持ってこそ

事は

大きく前進します

明日考えるのと

今日の内から考えておくことでは

やはり

大きな開きが生じる

その

蓄積で

それぞれ

大きく成長が変わってきます

やはり

明日のことは

今日の内から

考えておきましょうね

占い鑑定 週間占い 占い記事

限定日記 著書一覧 詩情と俳句

自己啓発 おみやげ 本格出会い

ゼクシィ縁結びエージェント

連載小説 愛するということ 57

連載小説、無料小説、名作集
連載小説、無料小説、名作集

そう言ってから香織は車の中へと戻ろうとした。

「あ、うん。おやすみ」

つい、どもり気味に正樹は言った。香織は上等なドアの音を立てて車に乗り込んだ。

香織は何時もの様に、正樹が寮の中へ戻った事を確認した後、車をゆっくりと動かし、玄関口を横切る瞬間に高級な音のするクラクションを一回だけ鳴らしてから帰って行った。

正樹はいつも中に入ってから、クラクションが鳴るまで二階には上がらず、下で待った。この日の夜もそれは同じ。

正樹は部屋に戻り、点けっ放しだったテレビを消してから、静けさの中一人考えた。

香織はもしかして、自分の中にある恵の存在に気が付いたのか? もしそうだとしたら、自分は気が付かないうちに、これから彼女を傷つけてしまうかもしれない。いや、それはもう既に始まってしまっているのではないか? 正樹はそう懸念したが、しかしどうにもならない過去からの思いを、彼はそれからも断ち切る事が出来ないで居た。

 

町の交差点の向こうからコチラへと歩み寄る香織。歩み寄りながらも、辺りに広がる雑踏の中で、周囲に目を凝らしながら一つ一つの顔を注意深く観察している正樹。そのうち二人は一つの点へと辿り着き、そこからすれ違った人達を真似る訳でも無く、ただ自然に運命は違う所へと流れ、遂にはこの都会の何処かへ消えた。ただ二人のうち、別離の言葉を口にしたのは、香織の方が少し先だった。

 

出会ってから約一年半後。それは訪れた。正樹にとって香織の存在は、両親の死の鮮明さをやっと遠い記憶にさせるほど、それはとても新鮮で、より色の濃い女性。しかし正樹には、彼女がどうしても思い出とさせる事が出来ない女性の存在があった。恵である。

香織はありとあらゆる方法でその見え隠れする存在を記憶の片隅へと運ぼうとするが、やればやるほどに彼女は自分がとても空しくなるだけ。嗚呼、私は一体誰に哀れみを受ければよいと言うのか? 彼女は密かに自問し続けた。そして気が付けば、悲しくも正樹と香織の別れは、もう直其処まで来ていた。

二人にとって最後の日曜。それは木枯らしが吹き始めた夜。正樹はこの日も、気が付かないうちに恵の姿を一日中探していた。香織がそれに関して口にしたのは、この日の夜が最初で最後。

この日も二人は車を使わずに電車でデートをした。何時ものように帰り道では腕を組んで夜道を歩く。それはまるで在り来たりであるように思えた。何時ものように寮の玄関口で別れを告げる。今夜もそれは変わらなかった。

「それじゃな。帰り、気をつけろよ」

「うん……」

「おやすみ」

正樹は優しく言った。

しかし香織は急に口を閉ざして何も言わない。

「ん? どうした?」

正樹は気がかりになり思わず発した。

香織が口を開いた。

「正樹さん……」

「うん?」

「正樹さんは、誰を探してるの?」

それは、あまりにも唐突すぎた。

「え?」

正樹は凍りつくように固くなった。香織はかまわず責めるように言った。

「正樹さんはいつでも誰かを探してる。私がとなりに居るのに周りを探してばかり。デートの時は何時もそう。今日だってそうだった……」

急に香織が先ほどとは変わって溢れそうなほど涙目になった。

「正樹さんは私の事なんか好きじゃないのよ……」

正樹は涙もろい香織に慌てて言った。

「違うよ。俺はお前の事……」

しかし、正樹は好きだと言いかけて止めた。香織はそれが悔しかったのだろう、我慢していた彼女の涙が頬を伝った。

「キスの時だってそう……、正樹さんは私じゃない人のこと想ってる。正樹さんは何時も、私で寂しさを紛らわしてるだけなんでしょ?」

正樹は何も言えなかった。

「もういい……。分かった……」

香織は車のほうへ歩き出そうとした。

「ちょっと待てよ!」

正樹は香織の肩を掴みこちらへ振り向かせた。

「離して!」

香織は正樹の手を振り払った。

正樹は香織に抱きついた。そして、香織が興奮した状態から少し落ちつくのを待った。香織は今、正樹の胸の中に蹲るようにして泣いている。

やがて彼女は重くなる様な泣き声で発した。

「私、ずっと待ってたんだよ。正樹さんが私だけの事、見てくれるの……ずっと待ってた。それなのに、正樹さんは何時までも私を抱いてくれない。だから……、だから私、辛くて……」

「香織……」

正樹は抱き締める腕に少し力が入った。

少しばかりして、泣く事を止まない香織がまた訊いてきた。

「正樹さん、もう一回訊いてもいい?」

「うん?」

「正樹さんは、誰を見て誰を探してるの? お願い、教えて……」

一瞬、正樹の中に恵の温もりが蘇った。彼はたまらずにたじろいだ。

「俺は……、俺は誰も……」

「嘘よ!」

香織は正樹の胸元から離れて言った。彼女は何もかも悟っていた。

「正樹さんは何時だって他を見てる。何処か遠くの私の知らない人よ。私を見てない……。

占い鑑定 週間占い 占い記事

限定日記 著書一覧 詩情と俳句

自己啓発 おみやげ 本格出会い

ゼクシィ縁結びエージェント