占い相談 演劇だとしても好きだと告白されたら落ちてしまいます

占い相談、占い悩み、占い鑑定
占い相談、占い悩み、占い鑑定

演劇だとしても好きだと告白されたら落ちてしまいます

]時々ある悩み質問です

芸名は何という方でしょうね

気になりますが

訊くことをしません

余談はその辺にして

やはり

芸術というものは

世界に入り込まないといけない

その過程の上で

やはり好きになってしまう

事は当然だと

思うのですよ

しかし

現実の彼との

ギャップに

悩む原因にもなりかねない

芸術と

現実は

異なりますから

そこを割り切る技術も

芸術家には求められるわけです

観ている方に対してもそうです

そこをはき違えると

不幸へ真っ逆さまに落ちたりしますので

注意してくださいね

それから

あなたと彼の運命を

視てみますからね

結婚できるのかだとか

結ばれるのかなど

その他にもたくさん視てみますからね

大丈夫ですよ

占い鑑定 週間占い 占い記事

限定日記 著書一覧 詩情と俳句

自己啓発 おみやげ 本格出会い

ゼクシィ縁結びエージェント

おみやげ 長崎県の鯛で作っためんべいは最高にうまい

おみやげ、特産品、産地の品、県産品
おみやげ、特産品、産地の品、県産品

長崎県の鯛で作っためんべいは最高にうまい

タコせんべいは全国的に有名ですが

こちらは贅沢にも

鯛を使っためんべいです

最高に美味しい

高級品でもある

鯛ですよ

タコではなくて

鯛です

素晴らしく美味しいですよ

一押ししたいですね

長崎漁港水産加工団地協同組合 長崎鯛 めんべい 2枚入×16袋
長崎漁港水産加工団地協同組合 長崎鯛 めんべい 2枚入×16袋
山口油屋福太郎


占い鑑定 週間占い 占い記事

限定日記 著書一覧 詩情と俳句

自己啓発 おみやげ 本格出会い

ゼクシィ縁結びエージェント

自己啓発 運命の人というのは地獄の時に現れたりする

自己啓発、激励、助言
自己啓発、激励、助言

運命の人というのは地獄の時に現れたりする

最近

つくづく思うのです

私に限った話かもしれませんが

なにかあったとき

必ず

救いの手を差し伸べる

それを補う

女性の存在があった

今だってそう

恐らくこの女性が最後の人だろうなと

運命を感じずにはいられない

女性が一人います

その子とは

来年の四月ころから

本格的に

遠距離恋愛から始まるとみられ

非常に楽しみにしています

このように

自分に不足分を補う形と

望みが叶う形で

出会いがあると

もう

その人は完全に

あなたの運命の人です

大切にしてゆきましょう

頑張ってくださいね

占い鑑定 週間占い 占い記事

限定日記 著書一覧 詩情と俳句

自己啓発 おみやげ 本格出会い

ゼクシィ縁結びエージェント

連載小説 愛するということ 55

連載小説、無料小説、名作集
連載小説、無料小説、名作集

「うん、聞かせて」

「光の世界ってのがこの世にはあって、其処にもう一つの現実があるって話なんだけど、その光の世界ってのは、其処に行けば、此処とは違う話になったり、未来が見えたりするんだ。自分が関係する範囲でね。それで、だから俺は其処に行きたいなって、そんな事考えてた。御免、変な話だったな」

香織は意外そうな顔をして正樹を見つめた。彼女はもっと現実的で繋げやすい話が正樹の口から出てくるとばかり思っていた。香織は膨れ顔になって言った。

「へえ、私とデートしてる時にそんな事考えてたんだ。酷い」

彼女は顔を戻し続けた。

「でも、なんだか不思議。光の世界か……、私も行ってみたい」

「いや、でもそんな楽しい事じゃないから」

「ええ? どうして?」

「違う現実が幸せじゃなかったりもするからだよ」

「あ、そうか……。そうだね」

二人の会話がここで途切れ、少しだけ沈黙が漂った。今、二人は駅からの帰り道を歩いている。ようやく香織が口を開いた。

「私、今が良いな……。正樹さんと出会えたし、この世界が幸せだと思う」

正樹はこの言葉に黙ったまま何も言わなかった。寮に着いた。二人は玄関口の外で立ち止まった。

「それじゃ、ここで」

正樹は片手を挙げて言った。

「あ、来週は私の車でドライブに行かない? 正樹さん、海好きでしょ」

何か少し慌てた様子で香織は言った。彼女はこの日のこの時をまだ終えたくない。そんな素振りだった。

「うん、良いよ。それじゃ、また来週な」

「あ、あの、正樹さん……」

香織は緊張した趣で発した。

「うん、どうした?」

「正樹さん、私、今日は帰りたくないな……」

「え?」

正樹は硬直した。香織は恥ずかしそうにしながらも、正樹の胸元にそっと額を持たせ、そして彼の両手を握ってから続けた。

「正樹さんの部屋に、泊まっても良い?」

正樹は一瞬迷った。が、言った。恵の笑顔がこの時、頭を過ぎっていた。

「御免。俺の部屋汚いし、それに、そう言うの、もう少し待ってくれないか? いや、香織が嫌いとかそんなんじゃないんだ。只、もう少し待って欲しい」

「正樹さん……」

香織が急に涙目になって正樹の顔を見上げた。

「御免な」

「ううん、良いの」

香織はもう一度正樹の胸元に額を持たせた。そして手を離して胸元から離れた。

「今日はわがままばっかり言ってごめんなさい。それじゃあ、おやすみなさい。正樹さん」

香織はそう言うと、正樹の顔へと上向き、そっと目を閉じた。正樹は香織が接吻を求めていることに気付き、彼女の両肩をそっと掴んでからとても柔らかい唇に優しくキスをした。そして、「おやすみ」と、彼女に返した。今夜はこれで何とかやり過ごせた。

やがては、駐車場に止めておいた香織の車へ彼女が消えていくと、高級車は息を成し、ゆっくりと寮を横切ってはクラクションを一度だけ鳴らして帰って行った。

正樹はこの夜だけではなく、それからも、恵を思い出させる香織を目の前に、もう一歩踏み出せないでいた。正樹は思った。いっそのこと、壊れるほど淫らに裸の香織を何度も何度も抱き締め、過去の事などあたかも最初から無かった様に、全てを忘れてしまえば良いのだろうか? しかし、今の正樹には、それが自分自身に対してどうしても許す事が出来なかった。

 

 

正樹と香織が出会ってから一年が経った。正樹はこの頃、関西や九州の方へと旅立った兄達とは音信不通の状態。そう言えば、兄達は元気にやってるのだろうか? ふと彼が思い出した夜の事。

正樹は夕食と風呂を済ませて部屋に戻り、ビール缶のプルタブを引いて口を開けてから久しぶりに小型テレビの電源をつけた。正樹はここ数年ろくにテレビを見る事がなく、いつも激安ショップで購入した安物のミニコンポで音楽を聴いたり、やり始めたばかりのギターの練習をしたりすることが多かった。

点いたチャンネルでは、見たことのないドラマが始まった所だった。正樹は何気なくその番組を見る事にした。

オープニングの音楽と共に、主演らしき男性がテレビに映し出されている。ちょっとして今度は、その相手となる恋人らしき女性の姿が映った。

遠くからどんどんとカメラが近付き、画面一杯にその女性の横顔が映し出される。女性が正面を向いて微笑んだ。瞬間、正樹は目を見開いて驚愕した。

――恵!

正樹はすかさず近くに置いてあった番組情報誌を手に取った。今テレビに流されているドラマの欄を見てみる。

「主演 松下五郎、山本レナ」

違う、恵じゃない。でも本名は違うという事もあるし、まさか……。正樹は混乱した。

テレビに目を戻した。ドラマは始まっている。

正樹はふと恵と出会った頃の事を、ドラマを見ながら何時の間にか思い出して居た。あの頃、恵には特別なる美しさが確かに存在していた。彼は成長した今頃の恵の姿を思い浮かべた。多分きっとこの画面に映し出された女優と全てが同じか、あるいはもう少し上だろうと思った。

「芸能界か……。恵ならありえるけど、まさかな……」

その時。

占い鑑定 週間占い 占い記事

限定日記 著書一覧 詩情と俳句

自己啓発 おみやげ 本格出会い

ゼクシィ縁結びエージェント