占い相談 内面的でシャイな女子をどう思いますか?

占い相談、占い悩み、占い鑑定
占い相談、占い悩み、占い鑑定

内面的でシャイな女子をどう思いますか?

時々ある悩み質問です

これは占い以前に

可愛い子だなと思いますよ

いいじゃないですか

そういう女の子

少なくなりましたよね

今の時代は

女子のほうが

肉食だったりする

なかで

貴重な存在ですよ

あなたはモテるのではないですか?

そういう女の子は

男性にモテるのです

それから

あなたの未来を

占いで

視てみますからね

出会いの時期や

彼の気持ち

彼の本音

色々視ますよ

占い鑑定 週間占い 占い記事

限定日記 著書一覧 詩情と俳句

自己啓発 おみやげ 本格出会い

ゼクシィ縁結びエージェント

おみやげ 佐賀県の海苔は天下一品

おみやげ、特産品、産地の品、県産品
おみやげ、特産品、産地の品、県産品

佐賀県の海苔は天下一品です

そのなかでも

最高級品である

一等級の海苔

食べたことありますか?

じつは

それが通販で買える時代なんです

佐賀の海苔

一等級

ポークたまごに

そのまま食べても超おいしい

文句なし

文句があればげんこつものですよ

明太子を真ん中に入れて

おにぎり

巻きずし

手巻き寿司

色々です

佐賀海苔 一等級有明海産佐賀のり焼のり 8枚×5個
佐賀海苔 一等級有明海産佐賀のり焼のり 8枚×5個
佐賀海苔


占い鑑定 週間占い 占い記事

限定日記 著書一覧 詩情と俳句

自己啓発 おみやげ 本格出会い

ゼクシィ縁結びエージェント

自己啓発 頑張らなければ前には進まない

自己啓発、激励、助言
自己啓発、激励、助言

頑張らなければ前には進まない

頑張るとは色々な角度がある

また所要時間は関係ない

頭を働かす頑張り

身体を働かす頑張り

そのうえで

それにかけた時間というのは

関係ない

いかに楽してたくさん稼ぐか

が仕事の効率性を求める上で

必須課題であるから

かけた時間は関係ない

逆に短い時間でテーマを克服すること

こそ素晴らしいアイディアだ

占い鑑定 週間占い 占い記事

限定日記 著書一覧 詩情と俳句

自己啓発 おみやげ 本格出会い

ゼクシィ縁結びエージェント

連載小説 愛するということ 54

連載小説、無料小説、名作集
連載小説、無料小説、名作集

「ああ、正樹君。今日から働く事になった木下香織ちゃん。年は正樹君より一歳年下のちょうど二十歳よ。よろしくね」

佐代子が言った。女性は立ち上がった。

「はじめまして。あの、木下香織です。よろしくお願いします」

「あ、上間正樹です。よろしく」

恵に似ている――。正樹はそう思いながら挨拶を交わした。

互いに最初から印象が良かったからだろう。正樹と香織が交際を始めるまでに、時間は余り必要とはしなかった。香織は社長の友人で不動産を営んでる父親の娘らしく、清楚でお嬢様の雰囲気が少し漂う女性。黒髪で艶の有る綺麗なロングヘヤーに、スカートがとても良く似合っていた。正樹と香織は、最初の内は事務所で挨拶を交わす程度だったが、何回も顔を合わすうちに、何時の間にか普通に会話をするようになっていた。始めにデートを誘ったのは、香織の方から。

「正樹さん。あの、良かったら今度、食事に行きませんか?」

正樹は、この日は六時ごろ寮に帰り、そして、作業着のまま食堂で夕ご飯を食べている時、五時から正樹の帰りを待っていた香織が彼に言った。

「え? ああ、良いけど」

正樹は少し驚いた表情で答えた。

「良かった。それじゃ、明後日の日曜日大丈夫ですか?」

「あ、うん、全然大丈夫だよ。それじゃ、何処で何時に待ち合わせしようか?」

正樹はあたかも友達と軽く約束を交わすように言った。実際、彼の中では、香織は友達という感覚でしかこの時なかった。

「あの、夕方の六時に私が此処に来ます。それで、良いですか?」

呆気ない正樹の態度に少々戸惑いながらも香織は言った。

「うん、分かった。六時ね」

「はい。それじゃ、私、そろそろ帰りますね」

言って、香織がお辞儀をしようとした。その時。正樹は慌てて言葉を発した。

「あ、駅まで送っていくよ。ちょっと待ってて、すぐ着替えてくるから」

「いえ、今日は車で来ましたから。大丈夫です」

「あ、そうなんだ」

「あの、それじゃ、おやすみなさい」

香織が斜めに軽くお辞儀した。

「うん、おやすみ。明後日ね」

そう言って正樹は日にちをさりげなく確認した。

「はい」

香織は頷いてから思いきりに可愛く微笑んだ。香織は恥ずかしそうにしながらも、片手を小さく振って出て行った。彼女は本当に純粋で清楚。正樹は香織が帰ってから恵の事を思い出した。恵と始めて会話したあの日の夕方。あの時、恵から話しかけて来なければ、二人の交際は当然始まらなかった。香織は姿だけではなく、なんだか積極的なところも恵に似ていると正樹は思った。

日曜日の夜の食事後。正樹が運転する香織の車の中で、次の約束は交わされた。

「今日はごめん。俺、仕事用の汚い車しか持ってないから」

「いえ、そんなの気にしないで下さい。でも、今日は本当に食事楽しかったです。あの、また誘っても良いですか?」

「うん。でも、今度は俺から誘うよ。二人でどっか遊びに行こう」

正樹は言った。それは彼女への気配りのつもりだった。香織は素直に喜んだ。

「本当ですか! 嬉しい。約束ですよ」

「うん、約束」

言って、正樹は約束を交わした。

それから二人は、毎週の様にデートに行くようになった。やがて、真剣な交際を口で迫ったのも香織からだった。正樹は流されるままにそれを受け入れた。二人は更に親密を深めて行く。正樹は時々思った。もし、昔のあの時、自分が施設から逃げ出さなければ、今頃恵ともこの様に、誰にも邪魔される事なく交際を続けて行けたのだろうか? 更に、必ず良晴おじさんが話していた言葉がどうしても頭を過る。

もし逃げる事無く施設に残ったとしても、運命は同じか、もっと酷い結末を迎えたかもしれない――。

確かにそうかもしれない。しかし、今思えば明らかに逃げ出した後悔の方がどれよりも痛みは計り知れなかった。考えるたびに、正樹は天を仰ぎたくなり、星の見えない夜空を見上げとてもやりきれない気持ちになった。そして、とにかく自分は恵にもう一度会いたいと、彼は強くそう思う。

「――正樹さん、正樹さん?」

「あ、ああ、御免」

我に返ったように正樹は返事した。

「ううん、いいの。気にしないで」

香織は優しい笑顔で言った。彼女は続けた。

「でも、正樹さん最近ちょっと変。時々ボーっとする事が多くなってる。もしかして、私との事、楽しくない?」

香織は少し疑念の顔をして訊いてきた。

「そんなこと無いよ。楽しいよ」

「本当?」

「本当だよ」

「良かった」

香織がまた笑顔になった。正樹はその笑顔が恵と同じに見えた。

「それじゃあ、もしかして、何か困りごととか、あるの?」

「違うよ。ちょっと考えてる事があるんだ」

「え? どんな事? 私で良かったら相談して欲しいな」

香織は甘えて落ち込んだ顔をした後、正樹の腕に横からしがみ付き彼の顔を見た。

「もったいぶらないで。ねえ、教えて」

香織は可愛らしく訊いた。正樹はそれがとても愛らしく思え、少しだけ話をする事にした。

「それじゃ、話すよ。ちょっと不思議な話だけど、良い?」

占い鑑定 週間占い 占い記事

限定日記 著書一覧 詩情と俳句

自己啓発 おみやげ 本格出会い

ゼクシィ縁結びエージェント